新ブログ更新情報

Powered by RSSリスティング

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2009年7月より、サイト引っ越します。
新しいサイトはこちらです。
種はゴミじゃない (http://tanegomi.com/)

お気に入りに登録して頂いている方、またリンクを頂いている方は
大変お手数ですが、アドレスの変更をお願いいたします!<(_ _*)>

このブログも当分の間、削除せずに置いておくつもりです。
それでは、新しいブログへのご来訪、お待ちしております!

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
スポンサードリンク

未熟なEM腐葉土で、生ゴミを発酵させる

 2008-05-13
EM腐葉土の二次発酵スタートから1ヶ月。

生ゴミなら、1ヶ月あれば土に還るんですが、
落ち葉は、10日前と比べて大して変化はありません。
腐葉土としては、まだまだですね~。

切り返し続ける手間を考えると、正直もう一度作ろうとは思えません。
1ヶ月で腐葉土を作るのは無理でした…。


2回目の、生ゴミ一次発酵が終わったので、
次は、そちらに取り掛かることにします。

EM腐葉土(未完成)は、自然乾燥させてから、
生ゴミと一緒に、さらに二次発酵させます。

前回は、「土」と「生ゴミ」を重ねたんですが、
今回は、「未完成腐葉土」と「生ゴミ」でいきます。

深く考えたわけじゃなく、発酵容器が一つしかないんですよ。
容器には、パパイヤ用に買った大鉢を使ってます。

容器下部には、水分が溜まりやすく、
生ゴミが腐りやすいので、落ち葉を厚めに敷きました。


そして3日後、
表面に、白カビが見えます。
切り返そうと、スコップを入れると…
もふっ!と湯気が出ました。



発熱してます!

掘ってみるとフカフカで、
下の方の生ゴミにも、ちゃんと白カビが回っています。
※前回、白カビが生えたのは表面だけでした。

温度は44度近くまで上昇。
発熱のせいか、酸っぱい臭いがきついです。



これが二次発酵の正しい姿なんでしょうか。
前回とは、全く違った発酵に驚いています。


上手く発酵が進んだのは、

①生ゴミの一次発酵が上手くいった(水分、腐敗菌が少ない)
②乾いた落ち葉が、余分な水分を取ってくれた。
③落ち葉の隙間に含まれた空気が、好気性発酵に都合が良かった。

このあたりの要因でしょうか。

生ゴミの二次発酵は、土よりも落ち葉を使う方が
断然やりやすいですね~。

EM腐葉土は、お勧めできませんが、
落ち葉は、生ゴミの堆肥化に、大いに利用価値があると思います。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2009年7月より、サイト引っ越します。
新しいサイトはこちらです。
種はゴミじゃない (http://tanegomi.com/)

お気に入りに登録して頂いている方、またリンクを頂いている方は
大変お手数ですが、アドレスの変更をお願いいたします!<(_ _*)>

このブログも当分の間、削除せずに置いておくつもりです。
それでは、新しいブログへのご来訪、お待ちしております!

スポンサードリンク

関連記事
Loading


コメント
もふっ!と湯気が・・ ヒナさん ワクワクします^^
44度の発熱、白い菌の糸も~
二次醗酵が順調に進んでいるのですね
それにしても落ち葉の働きの凄いこと~
樹の持つ底力のようなこと感じていますe-271
ムム、枯れ葉、断じて侮れませんね *^-^*

それと、空気の存在にも改めて驚いています
見えない空気・・されど命の源なのですね
とても分かり易くご紹介していただいて、ありがとうごさいます.:*・゚
【2008/05/14 17:23】 | れぃん #gGj3Lv6Q | [edit]
とても家庭菜園の風景には思えません。
堆肥工場のようです。
腐葉土の切りかえしって、ぬかどこの手入れみたいですね。
美味しいものは、一日にしてならず、ということかしら。
堆肥作りもおもしろいなあ。
【2008/05/14 19:15】 | いちご大福 #- | [edit]
☆れぃんさんへ

枯れ葉侮れませんよ~。
生ゴミ堆肥作りには、かなり使えます。
土と混ぜるよりは、全然やりやすいですね。
以前は、落ち葉も私にとってはゴミでした…。
こうやって土に戻して使うのが、
とっても正しい気がします。

通気性は、二次発酵にとても重要です。
落ち葉の隙間に空気が含まれるので、
切りかえす手間がぐっと減って、
楽になりました~。
【2008/05/14 22:22】 | ヒナ #- | [edit]
☆いちご大福さんへ

写真を見ると、堆肥どんだけ~って思いますね。
鉢は45リットルのものを使っています。

米ぬか使ってますし、まさに糠床ですよ。
生ゴミの一次発酵も、むしろ「生ゴミのヌカ漬け作り」と言った方が良いように思います。

美味しいものは一日にして成らずかあ。
上手いこと言いますね。
植物にとってはご馳走かも(^_^)
【2008/05/14 22:34】 | ヒナ #- | [edit]
生ゴミ堆肥作り始めたばかりで現在生ゴミ投入中です。
まだ理屈が良く理解出来なくて、いろいろネットで調べていてここにお邪魔して居ます。

2次発酵では発熱があり水分が出る。
これを落ち葉で緩和させる・・・と言う事ですね。

生ゴミと落ち葉を重ねている図がありますが
良く混ぜ合わせなくてもいいのですか?
説明書には「土と良く混ぜ合わせる」となっていたので???

私はこの2次発酵では発泡スチロールの箱(フタ付き)で密封して行なうつもりでいますが、発熱するのなら
通気性があった方がいいのですか?

質問攻めになってしまいましたがアドバイス頂けたら幸いです。。。
【2008/05/24 10:13】 | ケイコ #XSag7DMU | [edit]
☆ケイコさんへ

いらっしゃいませ、質問ありがとうございます。
私も始めたばかりで、それなりの返答になりますが…。

二次発酵で、水分が出るわけではなくて、
生ゴミが、元々含んでいる水分です。
ほとんどが野菜クズなので、水気は結構あります。
水分が多すぎると、腐敗に傾きやすいです。

私も土と重ねた時には、よく混ぜ合わせたんですが、
今回は5㎝くらいの層を重ねました。
3日置きに、全体をかき混ぜているので、
今では、充分混ざり合っています。

密封は良くないですね。
二次発酵には、空気が必要です。

私は45リットルの大鉢を使っていますが、
底には、水分が溜まりがちで、空気も通り難く、
深い部分を混ぜるのは大変でした。

できたら、広く薄く、通気性良く、
生ゴミと土を広げられるのが理想だと思います。
蓋をするにしても、ちょっとずらして置いた方が
良いと思いますよ。
【2008/05/24 11:45】 | ヒナ #- | [edit]
有難うございます。

一番今知りたかった事を的確に教えていただいて!!

私も広く浅く 通気性のいい容器を考えます。ありがとうございました。
ブックマークしました。又遊びに来ますね。
【2008/05/24 15:10】 | ケイコ #XSag7DMU | [edit]
☆ケイコさんへ

ブックマークありがとうございます。
是非、またいらしてくださいね。
【2008/05/25 11:17】 | ヒナ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hinnahutaba.blog121.fc2.com/tb.php/184-1c27fb69
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
new article
moon age

archive
profile

種まく人ヒナ

Author:種まく人ヒナ
2007年春に園芸を始めた三十路の主婦@東京ですtanemaki
ベランダと屋上で育ててます。
Contact:メールフォーム

hutabaはじめに

TB people 新着
blog people 園芸ランキング


*実生*

*Vegetables*Gardening*


*野菜育てPeople*
ムームードメイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。