スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2009年7月より、サイト引っ越します。
新しいサイトはこちらです。
種はゴミじゃない (http://tanegomi.com/)

お気に入りに登録して頂いている方、またリンクを頂いている方は
大変お手数ですが、アドレスの変更をお願いいたします!<(_ _*)>

このブログも当分の間、削除せずに置いておくつもりです。
それでは、新しいブログへのご来訪、お待ちしております!

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
スポンサードリンク

トリコロール・アマランサス*ずんだ餅を作ってみた

 2008-08-31

緑と赤の2色だったアマランサスに、黄色が出てきました。
これでやっと3色揃って、名前の通りトリコロール・アマランサスに。

フェンス脇に並べたアマランサスを隠すようですが、
今日は、ちょっと洗濯物に場所を譲ってもらわないと。
雨続きで洗濯物が溜まっていました。


青い空に入道雲、久しぶりに夏らしい一日でした空
でも、夕方からはまた土砂降り…。

ずんだ餅を作ってみました。
今まで食べるのが専門で、作るのは初めてです。
本当は、自分で作ったエダマメを使いたかったんですけど、
思ったより収穫が少なくて、おつまみにあっという間に消えてしまいましたビール

れぃんさんに倣って、エダマメを3袋買ってきました。
3袋合わせると1キロほどあります。
それを茹でて、豆をサヤから出し、さらに薄皮を剥きます。


薄皮を剥いた、ツヤツヤのエダマメです。
重さは400グラムになりました。




これに砂糖を入れてスリスリ…。
甘さを調節しながら作りました。70グラムのお砂糖を使いましたよ。
1キロのエダマメってすごい量ですけど、こうなっちゃうと少なく感じます。

お餅にからめて頂きました。


買ってきたのより美味しいです~。
お餅にからめる時は、少し水分を足した方がクリーミーになりますね。
粒々が多い気がしたので、もう少し擂ったほうが良かったようにも思います。
次回に生かします!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2009年7月より、サイト引っ越します。
新しいサイトはこちらです。
種はゴミじゃない (http://tanegomi.com/)

お気に入りに登録して頂いている方、またリンクを頂いている方は
大変お手数ですが、アドレスの変更をお願いいたします!<(_ _*)>

このブログも当分の間、削除せずに置いておくつもりです。
それでは、新しいブログへのご来訪、お待ちしております!

スポンサーサイト
スポンサードリンク

収穫を味わうこと*エダマメの根粒菌

 2008-07-11

昨日の収穫です。
エダマメ、中玉トマト、きゅうり。
キュウリは、初めてまっすぐなのが採れました~。

エダマメは茹でて、あとは生で食べました。
美味しい野菜はシンプルに食べてみたくなります。

自作野菜を食べる時って、一生懸命味わって食べようとしませんか。
市販野菜との違いを感じたくて、味覚フル活用です。
これだけ神妙に、野菜を味わって食べることは普段ありません。

例えばキュウリ。
まずは全体の姿を愛でる、切り口の様子も観察。
表皮や種の育ち具合なんかを見ながら、おもむろにかじる。
まだ調味料は付けませんよ。
オリジナルの香りと歯ごたえを楽しみます。
聞いた人が食べたくなるような、カリカリと美味しそうな音を立てて。
次は味、舌の神経に集中します。
ぶっちゃけキュウリは市販のものと大差ない味でしたが。
おっと後味も忘れてはいけません。
余韻も追っかけて、フェードアウトして消えるまで…。

たかがキュウリなんですが、
食材に愛情があると、こんなに違うものなのかと自分でも思います。
逆に、食に対して感謝も感動も無いと、
どんどん味覚が鈍感になっていくんでしょうね。

もうすでに、ジャンクなフードでかなりやられている気がしますが、
まだまだ~!
こうやってたまに食感覚を頑張らせることで、
味覚を鍛えることにもなるでしょう。
なんか野菜に食育されてる気がしてきました。


これは引っこ抜いたエダマメの根っこ。
丸い粒々が根にくっついています。





直径は大きいもので5㎜ほど。
これは根粒と言って、マメ科植物に特有のものです。


この中には、土壌微生物の根粒菌が住み着いています。

根粒菌は、空気中の窒素を使って、植物への栄養分を作り出します。
そして植物は、根粒菌に光合成産物を与えます。
マメ科植物と根粒菌は、良い共生関係にあります。

根粒菌が作る天然窒素肥料のお陰で、
マメ科植物は、窒素肥料がほとんど必要ありません。

エダマメを食べ終わったら、茎や根も捨てずにコンポスト行きです。
せっかくの天然窒素肥料は、堆肥に変えてリサイクル、
土を肥やしてもらいますよ。

<参考サイト>
・ウィキペディア>根粒菌
・Yahoo!知恵袋>マメ科植物の窒素固定って当てになりますか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2009年7月より、サイト引っ越します。
新しいサイトはこちらです。
種はゴミじゃない (http://tanegomi.com/)

お気に入りに登録して頂いている方、またリンクを頂いている方は
大変お手数ですが、アドレスの変更をお願いいたします!<(_ _*)>

このブログも当分の間、削除せずに置いておくつもりです。
それでは、新しいブログへのご来訪、お待ちしております!

スポンサードリンク

読売新聞夕刊でエダマメ

 2008-03-13


あんずの蕾がふくらんできました。
ピンクの花びらがチラっと見えます。
もうすぐ咲くよ(´∀`)


今日の読売新聞夕刊に、エダマメの育て方が載ってました。
ずんだあんの作り方も載ってたんですよ。
お義父さんが、新聞を切り抜いてくれてました。

切り抜きを見せてくれるお義父さん嬉しそうでね。
宮城出身なので、ずんだあんは懐かしい味なんです。
ていうか、多分それ以上ですね。
ソウルフードなんでしょう。

ちなみにわたしのソウルフードはうどんです。
え?聞いてない?スイマセン。

エダマメは酒のつまみにも最高だしね。
みんなエダマメ好きだし。

大豆もやってみるかな。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2009年7月より、サイト引っ越します。
新しいサイトはこちらです。
種はゴミじゃない (http://tanegomi.com/)

お気に入りに登録して頂いている方、またリンクを頂いている方は
大変お手数ですが、アドレスの変更をお願いいたします!<(_ _*)>

このブログも当分の間、削除せずに置いておくつもりです。
それでは、新しいブログへのご来訪、お待ちしております!

スポンサードリンク

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
new article
moon age

archive
profile

種まく人ヒナ

Author:種まく人ヒナ
2007年春に園芸を始めた三十路の主婦@東京ですtanemaki
ベランダと屋上で育ててます。
Contact:メールフォーム

hutabaはじめに

TB people 新着
blog people 園芸ランキング


*実生*

*Vegetables*Gardening*


*野菜育てPeople*
ムームードメイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。